テクニカルデータ

現在のページは
HOMEの下層の
テクニカルデータの下層の
ペイブメントです。

ペイブメント

インターロッキングブロックの品質規格

試験項目 普通品 透水性 保水性 試験方法
歩行者系道路 車道 普通土 改良土 普通土 改良土
曲げ強度(N/mm²) 3.0以上 5.0以上 3.0以上 5.0以上 3.0以上 5.0以上 JIS A5371
透水係数(cm/sec) 1.0×10-2以上
保水量(g/m³) 0.15以上
吸水性(%) 70%以上
寸法許容値(幅・長さ) ±2.5mm以内 ±2.5mm以上 ±2.5mm以上
寸法許容値(厚さ) ±2.5mm以内 -1.0~4.0mm以内 ±2.5mm以上 -1.0~4.0mm以内
滑り抵抗値(BPN) 40以上 60以上 40以上 60以上 40以上 60以上 (株)インターロッキング舗装技術協会

コンクリート平板の品質規格

推奨仕様【平板の曲げ強度荷重】JIS A5371
(単位:kN)
種類 略号 呼び 曲げ強度荷重 スパンL(mm)
厚さ30mm 厚さ60mm 厚さ80mm
普通平板 N 300 3.0 12.0 21.4 240
400 4.0 16.0 28.5
450 18.0 32.0
500 20.0 35.6
透水平板 P 300 9.0 16.0 240
400 12.0 21.4
450 13.5 24.0
500 15.0 26.7
保水平板 M 300 9.0 16.0 240
400 12.0 21.4
推奨仕様【平板の曲げ強度】JIS A5371
(単位:N/mm²)
種類 略号 呼び 曲げ強度
厚さ30mm 厚さ60mm 厚さ80mm
普通平板 N 300 4.0 4.0 4.0
400 4.0 4.0 4.0
450 4.0 4.0
500 4.0 4.0
透水平板 P 300 3.0 3.0
400 3.0 3.0
450 3.0 3.0
500 3.0 3.0
保水平板 M 300 3.0 3.0
400 3.0 3.0
推奨仕様【平板の透水性】JIS A5371
(単位:cm/s)
種類 略号 透水性
透水平板 P 1.0×10-2以上
推奨仕様【平板の保水性】JIS A5371
(単位:cm/s)
種類 略号 保水性 吸水性
透水平板 M 0.15g/cm³以上 30分後の吸上げ高さ70%以上

境界ブロックの品質規格

推奨仕様【ブロックの曲げ強度荷重】JIS A5371
(単位:kN)
種類 略号 呼び L=600mm
片面歩車道境界ブロック A 23
B 40
C 60
両面歩車道境界ブロック A 24
B 42
C 63
地先境界ブロック A 6.5
B 8
C 13
推奨仕様【寸法及び寸法の許容差】JIS A5371
(単位:mm)
種類 略号 呼び 上面の幅 下面の幅 高さ 長さ
片面歩車道境界ブロック A 150±2 170±3 200±3 ±3
B 180±2 205±3 250±3
C 180±2 210±3 300±3
両面歩車道境界ブロック A 150±2 190±3 200±3
B 180±2 230±3 250±3
C 180±2 240±3 300±3
地先境界ブロック A 120±2 120±2 120±3
B 150±2 150±2 120±3
C 150±2 150±2 150±3